*All archives* |  *Admin*

2017/09
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
流氷が接岸しました。
流氷がやっと網走沿岸に接岸しました。
今年は平等にオホーツク沿岸、稚内から知床半島まで、オホーツク全域に流氷が接岸しました。
稚内の周辺は少し接岸していないところもありますが、今年の流氷は皆様に恩恵を与えてくれました。
 でも、明日からは気温が上昇して南風が吹くため、流氷が離岸しそうです。
一度はなれると20キロくらい沖合いまでながされますので、再び接岸するには北風または北東の風が吹かないと接岸しません。強い風で20キロは一日で接岸する距離ですが、明日の気温は最低気温-5度、最高気温プラス3度は、流氷も溶けて流れてしまいます。
このように接岸して離岸してと繰り返し、迫力のある山脈のような流氷山脈が出来ていきます。
海岸にうちあげられた大きな流氷山脈は、春の音連れと共にオホーツクの海をさまよいます。
そんな流氷のロマンが3月上旬頃から見られると思います。

流氷のベストシーズンはいつなの?と良くきかれますが、はっきり言って私はいえません。
でも、いままで私が生活してきた数十年の中で、自分にとって美しいと思ったオホーツクの流氷は3月中旬でした。
知床連山がオホーツクの海の上に建ち、青空に映えたオホーツクのコバルトブルーの海原にぽつんぽつんと流氷が浮かんでいます。
浅瀬の岩にひっかかった流氷は流れていくことはできません。
そのまま小さく解けていきます。
そんな流氷のロマン、旅がこれから始まります。
スポンサーサイト

テーマ : 北海道/道東
ジャンル : 地域情報

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

waninoie

Author:waninoie
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード